ニュース詳細

2018.10.22 00:21

今週も沢山のおきゃく

今週も沢山のおきゃくさまに御来店いただきました。

明日22(月)はおやすみです。

ランチは何組かのおきゃくさまにお席をご案内

できませんでした。

ご迷惑をお掛けしてすみません。

お休み明け火曜日からのおすすめパスタは

スモークサーモンのクリームソース

ランチミニコースのメイン料理は

豚肉のミルク煮込み

です。

.

予約を承るお店をやっていると必ず起こるのが

「連絡なしキャンセル」に関すること。

色々なところで話がされていることです。

.

残念ながらレガーロでも今日ありました。

お約束の時間を過ぎてもご来店はなく、

お電話をしても呼び出し音が続くだけ。

その間にも何組かのおきゃくさまが

いらっしゃっては、「予約で満席」と

ご入店のお断りをし続けます。

ご予約でお取りするお席は決まって

お店が用意する一番居心地のいいお席です。

賑やかなお店のそこだけが、どんどん小さく、

寂しく取り残されます。

.

もちろん売り上げが取れないというお店側の

事情もある程度はあります。

ただそれ以上に、とてつもない喪失感に

おそわれます。

「今日いけません」という一本のお電話だけ

でも頂けたら、お断りしたおきゃくさまの

うちの何組かはお通しできたかもしれない。

空いているお席にご案内出来ないという、

せっかくいらして下さったお客様のご期待を

裏切ってしまったという気持ち。

これは正直しばらく消えません。

ご予約を頂いたその瞬間から、お店はその方に

満足していただく為に沢山のことを考えます。

ご家族連れなのか、お友達同士か、お付き合い

されているお二人か、そうなりたいと思っている

二人か。

色々なことを考えながらお客様を迎える準備をして、

その日のその時間を待ちます。

せっかくのレガーロでお過ごしいただく、

短くない時間を少しでも良い思い出にしてもらうために、想像力を働かせます。

「連絡なしのキャンセル」で味わう喪失感は、

好きな人から告げられる突然の別れに少し似ている

かもしれません。

その人のために色々なことを準備してきたのに、

急に「もう興味ないから」って言われるような。

まぁ、これは個人の意見なのでひとそれぞれです。

急用ができたり、体調が悪くなったりと事情は色々

かもしれません。キャンセルの電話はしずらいかも

しれません。

でも、お電話一本だけでも「今日行けません」

だけでもして下さい。

この一本だけでも、お店のスタッフの気持ちは

切り替えられます。

突然の別れほどつらいものはありません。

長ーくなってしまいました。

それではまた火曜日に。

cafe and kitchen REGALO